仲介手数料無料!お客様の声(口コミ)福岡の賃貸マンション情報ならジャパンエステートサポート

仲介手数料無料!お客様の声(口コミ)福岡の賃貸マンション情報ならジャパンエステートサポート 

ブログ一覧

床暖房付きのお部屋をご紹介!!

「福岡の賃貸で床暖房」

寒い冬でも、ぽかぽかした春の日だまりのような心地良い暖かさを感じられるのが「床暖房」です。
今回は、福岡の賃貸物件でも最近増えてきた床暖房の特徴やランニングコスト、注意点などについてお伝えします。


■ 床暖房のある賃貸物件で快適な冬を

床暖房って一体どんな感じなんだろう、と気軽に試せるのが賃貸の良さですよね。持ち家では、さまざまな暖房器具を取っ替え引っ替え試すわけにはいきません。
床暖房は室内に設置する暖房器具と違い、床下で温めた熱が床に伝わる伝導熱と、熱が壁や天井へ反射する輻射熱が部屋全体を暖めます。接した部分だけが温かいホットカーペットのようなものだと思っていた、と誤解をする人もいますが、床暖房は低い場所でも高い場所でも部屋全体の温度が均一にムラなく暖まるのが特徴です。

床暖房はどこにいても穏やかな暖かさで、コタツのようにその場から動けないということもなく、家族が思い思いの場所で快適に過ごせますよ。


■ 床暖房にもさまざまな種類がある

床暖房は、全てが同じ技術で作られているわけではありません。大きく分けると、電気ヒーター式と温水循環式の2種類になります。2種類の中でもそれぞれ技術や熱源でさらに細分化されます。
賃貸を借りる際は、床暖房の種類により光熱費に影響がありますので、色々なタイプ別に大まかに特徴を理解しておくと安心です。


○ 電気ヒーター式

電気ヒーター式は、床下の発熱体や蓄熱体に電気を通して温める方式です。電気料金の安い夜間に蓄熱体を温め、日中に自然放熱させて温める方式を蓄熱式といいます。一方、使うときに電気を使って温める方法を非蓄熱式といいます。

非蓄熱式は独立した熱源機が必要なく導入の初期費用が安いため、賃貸の集合住宅のリフォーム後に部分的に設置することがあります。
蓄熱式は、日中に長い時間に渡って自然放熱し続けるため、長い時間を在宅で過ごす人に向いています。導入コストが高いためか賃貸のワンルームでは見たことはありません。ちなみにオール電化住宅などで使われる床置型の蓄熱暖房機とは異なります。


○ 温水循環式

温水循環式は、床下の温水パイプや温水マットにお湯を循環させて温める方法です。お湯は、電気、ガス、灯油などの熱源でお湯を温めます。中には、電気とガスを併用して温めるハイブリッド式もあります。
広い範囲をまんべんなく低コストで温められる温水循環式の床暖房は、最近の主流になりつつあるようです。

電気式は、広さにもよりますがお湯を温めるまでに時間がかかるため、部屋が暖まるまでにかなりの時間がかかります。長時間使うと電気代が割高になるデメリットがあります。

ガス式は、立ち上がりも早く部屋が暖まるまでの所要時間が短いことが特徴です。広さや部屋の気密性などによりガス料金が割高になることもありますが、小まめにスイッチをオンオフすることで節約できます。ちなみに福岡の賃貸物件では、ガスを使った温水循環式床暖房が多く普及しています。

灯油式は、定期的に給油が必要で、そのときの灯油価格により割高になる場合もありますが、総じてガス式よりは安価です。しかし、温暖で灯油の消費が少ない地域では、灯油を自力で買いに行くか配送してもらう業者を見つけるなどして灯油を切らさないように確保する必要があります。

熱源は他にも、空気中の熱を集めて活用するヒートポンプ式、電気とガスを組み合わせたハイブリッド方式もあります。
ヒートポンプ式とは、空気中の熱を集めて大きな熱エネルギーを生み出す技術で、身近な冷蔵庫やエアコンなどにも採用されている省エネ技術です。導入時の初期費用は他の熱源のタイプのものよりも割高になりますが、今後は普及拡大が予想されます。


■ 気になるランニングコストは?

電気ヒーター式の床暖房は、リビングの一部に使われたり、分割して片面ずつ使用できるなど切り替え運転できるものが多いです。狭い範囲だけ短時間で使う程度ならコストはあまり気にならないかもしれません。
しかし、蓄熱式ならまだしも、長時間に渡って全体を温める場合は、温水循環式よりもランニングコストがかかります。

下記の表は、一か月にかかる大まかな光熱費の参考料金です。


プロパンガスのデータは残念ながら見当たりませんでした。これは、プロパンガス料金が各地域や販売会社により、かなりの料金差があるためと見るべきでしょう。そもそもプロパンガスは販売店独自に料金を設定できますので、なるべく安い販売店と契約することが料金を節約するコツです。
ただし、賃貸の集合住宅の場合、自由に契約会社を選べないこともありますので、大家さんや管理会社にあらかじめ問い合わせてみることをおすすめします。
上記の参考料金も、すべてを同じ条件で比較することは難しいため、あくまでも目安とお考えください。


むしろ下記の表の方が、熱源別のランニングコストの料金差が比較しやすいかと思います。


上の表では、上からランニングコストが高い順番を示していて、都市ガスは電気ヒーターの半分、エコキュートだと4分の1のランニングコストということがわかります。(エコキュートとは、ヒートポンプ方式の中でも、フロンではなく二酸化炭素を使用したより省エネ効果の高い機種を言います。)

ただし、ここで紹介した参考料金はあくまでも目安にしかなりません。実際には、部屋の気密性や断熱材の質、主要採光面の向きや日当たりの良さ、窓の大きさや数などの建物による影響、室内の家具の量などさまざまな要因で異なります。また、床暖房や熱源機のメーカーなどや発売年によっても誤差が出ます。総じて新しいものほど省エネが期待できると思います。


■ 床暖房が他の暖房器具より優れている点は?

床暖房を一度でも経験した人は、もう床暖房なしの生活には戻れない、という話を聞きます。一体どんなところが魅力なのでしょうか。

○ 設備の場所をとらない

ガスファンヒーターや石油ファンヒーターは安全のため周囲にモノがない場所に置かなければなりません。コタツにしても、布団や敷物まで合わせるとかなりのスペースを取られてしまいます。床暖房なら、暖房器具を置く場所を決める必要がないため、部屋を広々と使うことができます。

○ 子どもや高齢者に安全

暖房器具そのものが高熱になるものは、幼い子どもや高齢者がいる家庭では特に安全に気をつける必要があります。触ったり倒したりしないように、周囲をセーフティーガードなどで囲わなければなりません。おまけに歩行に邪魔にならない位置に置くことになります。また、燃焼系の暖房器具は、子どもだけで使わせるのは不安がありますよね。その点、床暖房ならヤケドや火災の心配もなく、子ども1人の留守番でも安心です。

ただし、電気ヒーター式の床暖房の上で長時間同じ体勢で寝てしまうと、低温やけどの危険性もあるためその点は注意してください。


○ 空気が汚れず乾燥しない

灯油やガスファンヒーターなどの燃焼系の暖房器具を使うときは、小まめな換気が欠かせません。新鮮な空気を取り入れないと不完全燃焼を起こして、一酸化炭素中毒を起こしてしまいます。
エアコンは、そのような危険はありませんが、空気が乾燥しやすく吹き出し口からの風でホコリなどを巻き上げてしまいます。また、メンテナンスが不十分だと、エアコン内部のカビの胞子が室内に撒き散らされてしまうこともあります。

床暖房なら、空気を汚さず室内の空気も乾燥しません。


○ 結露しにくい

石油ファンヒーターやガスファンヒーターなどの燃焼系の暖房器具は、灯油やガスが燃えるときに空気中に水蒸気を放出しています。空気を温めることにより室内の飽和水蒸気量が一時的に多くなります。しかし、室温が下がると飽和水蒸気量も下がり、空気が蓄えられる水分量よりも多かった分だけ、外気と触れている冷たい窓に水滴となって付着します。これが結露です。

窓だけでなく壁や天井に結露することもあり、壁紙が波打ったり剥がれたりすることがあります。放っておくとカビが発生するため、すぐに拭き取るなどの対策が重要です。

その点、床暖房は室内で燃焼することなく輻射熱で室内を温めるため、室内の温度は低いままでも十分に暖かさが感じられます。室内に水蒸気を発生させることもないため結露が発生しにくいです。


○ 頭寒足熱で理想の学習環境

暖かい空気は上昇するため、足元は冷えているのに顔が火照ったり頭がボーっとしたりすることはありませんか?
暖かい空気と冷たい空気を撹拌しようと、エアコンの風向調節やサーキュラーなどで対策する人もいますが、顔に直接風が当たるのは避けたいですよね。加えて四六時中ホコリが舞い続けることにもなります。

床暖房は、足元から温めるため頭寒足熱の状態になります。頭寒足熱は、自律神経を強化し免疫力を高め、万病のもとである「冷え」を解消すると古来より言われています。また、頭が冴えて集中力がアップし暗記にも効果があるため、最適な学習環境として「頭寒足熱」が見直されています。


○ 冷え性の女性にも

寝るときに足先が冷たくてなかなか寝付けない冷え性の女性もいます。もこもこスリッパや冷え性のための新素材の靴下など、色々と試した人も多いのではないでしょうか。

床暖房なら足元からじんわりと熱が伝わり、足先も温まり血行が良くなるためぐっすり安眠できるでしょう。


○ 居住者のメンテナンスが不要

エアコンは定期的にフィルター清掃が必要です。それを怠ると冷暖房効率が落ち電気代がかかるほか、空気を汚してしまうことにもなります。
石油ファンヒーターにしても、ホコリがたまって火災などにならないように掃除をしたり、灯油が切れないように常に補充したりしなければなりません。シーズンが終われば灯油を抜いて清掃して収納したり、何かとメンテナンスが大変です。
その点、床暖房はメンテナンスをする必要はありません。


■ 床暖房のある賃貸物件を選ぶ際の注意点

何ごともそうですが、一長一短、メリットもあればデメリットもあります。自分の持ち家なら、どんな床暖房を導入したら良いか悩むでしょうが、賃貸なら気軽に試せるのが良いところ。将来的に持ち家を購入する際にも大いに参考になるでしょう。床暖房のデメリットと感じる点も、期限付きで住む賃貸なら気にならないかもしれません。
一般的にデメリットとされる、どの床暖房にも共通する注意点をまとめました。


○ すぐに温まらない

ヒーターやストーブなどは、電源を入れてすぐに目の前で体を温めることができます。室内が十分に温まらなくても、とりあえずはすぐに暖を取ることは可能です。

床暖房は、部屋の広さや床暖房の設置面積にもよりますが、電源を入れて暖が取れるまでにかなり時間を要してしまいます。その中でも電気ヒーター式は立ち上がりが速い方ですが、温水循環式は冷えていた水を再度温めることになりますので、立ち上がりは遅いです。

ガス式の場合は部屋全体が温まるまでに1時間、ガスと電気併用のハイブリッド式なら30分、電気温水式の場合は2時間以上というデータがあります。

使用したい時間を逆算してタイマーをセットしておきましょう。電源を切ってもしばらくは余熱で温かいため、外出予定時間の少し前にはスイッチを切ると光熱費の節約につながります。

いずれも、電源を入れた立ち上がり時に熱源を最大パワーで必要とするため、短時間で小まめにオンオフを繰り返すよりも、点けっぱなしにしていた方が節約になる場合もあります。


○ 物件によっては暖房器具の併用が必要

床暖房の性能が良くても、古い建物や造りによってその性能を十分に発揮できない物件もあります。極寒の日は床暖房だけだと心もとないと感じる人もいるようです。そんなときは、エアコンの暖房を使ったり、灯油やガスのヒーターなどを併用することになるかもしれません。

○ ラグやカーペットを敷けない

床暖房は、フローリングだけでなく畳の和室でも設置できます。賃貸の場合、床や畳を傷めないためにラグやカーペットなどを敷いて生活する人も多いと思います。しかし、床暖房を使う冬場は、上に敷物を敷くことはおすすめできません。床暖房専用のカーペットとして市販されているものもありますが、床が変色したという話もあります。床暖房の床材は専用の特殊なものを使っているため、退去時にトラブルにならないよう敷物を敷かずに使った方が安心ではないでしょうか。

○ 硬いものを落としたり釘を打ったりしない

床下に熱線やパイプやパネルがあるため、強い衝撃を与えることや釘などを打つことは厳禁です。修理に大掛かりな工事が必要になってしまいますので気をつけてください。

○ 内見時に試運転ができないことが多い

賃貸の内見の際は、室内の造作や設備などをじっくりと見て確かめたいものですが、床暖房に限っては、行ってすぐに試せるものではありません。
電気はほんの少量使う程度ならブレーカーを上げることにより通電しますが、賃貸の内見だけで大量に使うことははばかられますし、ガスは入居者が引越し後に開栓しないと使えません。万一試運転ができたとしても、温まるまでに相当の時間がかかりますし、冬以外の暖かな季節では床暖房の良さを実感するのは難しいと言わざるを得ません。

賃貸の一戸建ての場合など、床暖房の性能が入居の決め手になるようなら、事前に試運転ができるかどうか不動産会社に相談してみましょう。


■ まとめ

床暖房はどうしてもそのランニングコストに目が行きがちですが、温水式ならほかの暖房器具と比べても特別な割高感はありません。光熱費の比較よりも、むしろ快適性と安全性を重視してほしいと思います。特に子どもや高齢者、冷え性の人がいる家庭では、ほかの暖房器具よりも満足度は大きいでしょう。
加えて、床暖房のある賃貸物件は、ほかの設備を見てもグレードの高い人気の優良物件であることが多いです。
空気もクリーンで乾燥知らずのため、子育て中の世帯、頭寒足熱の環境で勉強をしたい人、在宅時間が長い人などには特に床暖房はおすすめできる設備です。



床暖房以外でもこんな設備は必ずほしいなど!下記スタッフにご意見ください!

(*'ω'*) 優しい内見担当、スタッフはこちら(画像あり)

(^o^)丿 ジャパンエステートサポートでご契約したかたの声(画像あり)


LINEでのお問い合わせ可能ですので

まずはお友達登録お願いします(*^▽^*)

友だち追加

こちらも 面白いブログがありますので見てください(^◇^)

ポチっと↓


福岡県ランキング
                     


その他の特集記事一覧

スマホで鍵、電気、防犯(ここまできたスマホ連携!オススメ最新賃貸、カギ、照明、エアコン、防犯センサー、etc)

初期費用が安い?大丈夫? (ふ〜〜〜ん、そういう事なの)

お風呂でゆったりTV付バス (メリット、楽しむ秘訣を掲載中)物件情報詳細もあります。

猫飼育可能な物件   猫ちゃんと一緒に暮らせる物件をご案内してます(=^・^=)

福岡の学生向けのお部屋(学生さんわがまま言って下さいスタッフが受け止めます)(*^^)v

賃貸住宅のメゾネットて何? (メゾネットとロフトの説明を詳細にのせてます(''ω'')ノ)

夜の内見ってどうなの(^o^) (LED 命 ...)

ペットと暮らせる賃貸  (ペット飼育についてのお話・・・)

手数料無料 大野城市特集 (大野城市も当社から近いです!)

床暖房付きのお部屋をご紹介!!の関連物件

関連物件をもっと見る

更新日時 : 2018年02月07日 | この記事へのリンク : 

<<仲介手数料無料でご成約いただきました。     |  ブログ トップへ  |  物件名決定のお知らせ ★仮称)港3丁目マンション→『ナウヴィレッジ港』に決定!!>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年04月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930         

最近見た物件 (0)